「ご相談内容: 理不尽に解雇された」について

日本の法律では解雇は簡単にできません。

従業員にしてみれば労働の対価として受け取る賃金で生計を立てているわけですから、その基盤を突如失えば、路頭に迷うことになり兼ねません。そこで日本では「解雇権濫用の法理」と呼ばれる考え方が確立されています。

不当解雇に対しては解雇の撤回や、不法行為における賠償請求等の対抗措置をとれます。一人で悩まずに、まずは相談し行動を起こしましょう。

不当解雇

近年、過重労働や残業代の未払い等、様々な労働問題が議論されていますが、その内の一つが「不当解雇」です。
不当解雇された場合、解雇の撤回や賠償請求等の対処が可能です。
しかし、その定義や該当するケース等を理解していなければ、不当性を主張することはできません。

不当解雇のメインページへ

内定取り消し

内定の取り消しは解雇と同様であるとみなされています。
そのため、会社が内定者に対して内定の取り消しを行うためには、慎重に対応しなければならず、解雇の時と同様に客観的合理性や社会的相当性が必要となります。

内定取り消しが有効であるとされるケースもありますが、求職者側に落ち度がない場合無効とされるケースが多いです。

内定取り消しのページへ

雇止め・派遣切り

雇い止めとは、期間を定めた雇用契約の更新を行わず、契約を終了させることをいいます。
派遣切りとは、派遣先の企業が派遣業者との契約を止めて派遣業者の派遣契約を打ち切ることをいいます。

雇止め・派遣切りのページへ

退職推奨・退職強要

会社が従業員に対し無理に退職を迫ることを退職強要といいます。法律上は許されない違法行為です。従業員に対して退職を強要できる権利は会社にはありません。

正社員だけでなく、契約社員やアルバイトであっても、契約期間の途中に会社の都合で退職しなければならないということは、極めて例外的な場合を除いてありません。

退職推奨・退職強要のページへ

不当解雇・退職

近年、過重労働や残業代の未払い等、様々な労働問題が議論されていますが、その内の一つが「不当解雇」です。
不当解雇された場合、解雇の撤回や賠償請求等の対処が可能です。
しかしその定義や該当するケース等を理解していなければ、不当性を主張することはできません。

不当解雇・退職のページへ

お悩み別相談方法

相談内容詳細

よく読まれるキーワード