「弁護プラン: セクハラ・パワハラ」について

ハラスメントとは、人間としての尊厳を侵害する行為であり、人に対する思いやりと敬意を欠いた行為です。他の者に肉体的、精神的な苦痛や困惑、不快感などを与えることです。

パワー・ハラスメント、セクシュアル・ハラスメント、モラルハラスメント、さらにはアルコール、アカデミック、ドクターなどと、内容や状況でハラスメントもさまざまな呼び方がされています。

セクハラ・パワハラについての理解

メンタルヘルス対策の一環として、近年大きな問題となっているのがセクハラ・パワハラです。
セクハラ・パワハラとはそれぞれ「セクシャルハラスメント」、「パワーハラスメント」の略です。

そしてハラスメントとは、「苦しめること、いやがらせ」という意味です。

つまり、性的な嫌がらせをセクハラと呼び、権力を用いた嫌がらせをパワハラと呼びます。

最近ではセクハラ・パワハラという言葉自体はかなり社会に浸透してきていると言え、セクハラ・パワハラに関する研修を行う会社も増えています。

しかし、それでもまだ根本的な意味についての理解が進んでいるとは言えない側面があります。

今でも頻繁にセクハラ発言報道などが絶えないことからわかるように、セクハラやパワハラはよくないと知りつつも、まさか自分の行為がセクハラ・パワハラに当たっているとは思わない人が多いのです。

そして、セクハラ・パワハラは当事者だけの問題だけではなく、そのような環境を作ってしまった会社にもその責任は波及します。

会社は社員が働きやすい環境を作る義務を負っているからです。

お悩み別相談方法

相談内容詳細

よく読まれるキーワード