「弁護プラン: 残業代の未払い(サービス残業)」について

残業代を会社に請求したいけど、交渉が大変そうだし、どんな準備をすればいいのかわからない、と悩んでいませんか?

残業代を請求できるかどうかは、雇用条件や証拠の有無によっても変わってきます。そのため、雇用条件を確認して、しっかりと証拠をそろえることが重要です。

サービス残業の定義

サービス残業とは、簡潔に言うと「残業代が支払われない状態で残業すること」です。

労働基準法32条で、会社は社員に対して、(休憩時間を除いて、)1週間に40時間を超えて働かせてはいけない、また、1日に8時間を超えて働かせてはいけない、と定められています。

つまり、「1週間に40時間」「1日に8時間」を超えて働いた部分が「残業」であり、残業しているにも関わらず、残業代が支払われない場合、残業していた時間のことを「サービス残業」と言うのです。

※1日の労働時間が8時間、土日休みであることを前提にしています。

お悩み別相談方法

相談内容詳細

よく読まれるキーワード