「弁護プラン: 残業代の未払い(時間外労働等)」について

残業代を会社に請求したいけど、交渉が大変そうだし、どんな準備をすればいいのかわからない、と悩んでいませんか?

残業代を請求できるかどうかは、雇用条件や証拠の有無によっても変わってきます。
そのため、雇用条件を確認して、しっかりと証拠をそろえることが重要です。

時間外労働とは

時間外労働とは、本来決められている労働時間以外に働くことで、定時を超えて働く残業と同じような意味です。
しかし、労働者は時間外労働のことをよく理解していないまま働いていることも少なくありません。

その結果、残業代未払いやサービス残業、過労死などの労働問題に至ってしまうということもあります。

法定労働時間とは?

法定労働時間とは、国で決めた労働時間の制限のことで、「1日8時間、1週間40時間」と決まっています。
1日8時間×週5日勤務の土日休みの会社が多いのはここからきています。

法定労働時間がこの様に定められていることから、7時間勤務が4日、6時間勤務が2日の週に6日勤務でも週40時間を超えていないので問題ありません(ただし、週に1回は休ませないといけない決まりもあります)。
とはいえ、変則的に労働時間が変わってしまえば労働者も困惑してしまいますので、会社独自で法定労働時間内に出勤時間と退勤時間を決めます。これを所定労働時間と言います。
これが時間外労働の捉え方を複雑にしていて、例えば所定労働時間が1日7時間の会社で8時間働いたとしても、週40時間の労働時間に収まれば法定労働時間を超えて労働したものとはいえず、所定労働時間を超えて働いた時間の時間あたりの賃金が支払われるだけで割り増し賃金が支払われることはありません。

お悩み別相談方法

相談内容詳細

よく読まれるキーワード